東京→宮城

今年度1年だけ仙台市で働くことになりました。

大内宿→塔のへつり→鶴ヶ城@会津若松

喜多方駅から大内宿へは、国道121号→72号→131号を通っていきました。

 

 

国道131号は大内宿こぶしラインと言うそうです。 

 

 

国道131号に入る前分岐があるのですが、もう片方は会津鉄道線沿いを周っていくことになります。

 

 

所要時間は同じですが、距離的に短い大内宿こぶしラインをとおってみました。

 

 

山道なだけあって、いろは坂のように急カーブが多いので、人によっては酔うかもしれません。

 

 

途中にある無料駐車場に車を停めて、少し歩いたら大内宿に着きました!!

 

 

f:id:ayk02:20161010183203j:image

 

 

本当はねぎそばを食べたかったのですが、喜多方ラーメンの腹持ちの良さのため、何も食べられませんでした。

 

 

一つ一つのお屋敷にはお店が入ってました。

 

 

色々つまみ食いをしたかった…(笑)

 

 

f:id:ayk02:20161010183743j:image

 

 

ふらふらと歩いていたら、友人が仕事の人から吊り橋をオススメされたと言うことで、必死に検索して塔のへつりを目指すことにしました。

 

 

来た道をそのまま真っ直ぐ進み、国道329号を通ったのですが、反対車線は大内宿の駐車場待ちでだいぶ渋滞していました。

 

 

大内宿こぶしラインを通ってよかったと痛感しました。

 

 

なんたって、大内宿って景色と蕎麦しかないのにこんなにならんで可哀想(笑)

 

 

f:id:ayk02:20161010184350j:image

 

 

f:id:ayk02:20161010184355j:image

 

 

同時に30人以上乗らない方がいいらしい。

 

 

結構揺れるのでビックリしました。

 

 

栗饅頭とお茶を嗜み、鶴ヶ城へ。

 

 

f:id:ayk02:20161010184518j:image

 

 

仙台はお城がないので残念だけど、会津若松はお城が実在していて感動した。笑

 

 

f:id:ayk02:20161010184603j:image

 

 

千利休の子供が建てた茶室でお抹茶とお菓子を。

 

 

戊辰戦争の後、避難のためどこかに移築されていたけど、私たちの生まれた平成2年に元のここへ戻ってきたらしいです。

 

 

高速バスの時間があったので、会津若松は3つしか回れませんでしたが、だいぶ濃密な旅行となりました。

 

 

大学の友人が相変わらず愉快だったので、とても楽しかった。